子供の伸び活サポートサプリメント比較ナビ

子供の身長を伸ばすおすすめの運動は?

  • facebook
  • twitter
  • google+

身長を伸ばすためには、
バランスの良い栄養・良質な睡眠の他に、
骨に刺激を与えて身長を伸ばすための適度な運動が必要となります。
さらに、運動中や運動後には成長ホルモンが多く分泌されるため、
適度な運動は骨組織だけでなく筋肉などの成長にも繋がります。

運動であればどんな運動でも身長は伸びていきますが、
特に身長を伸ばす動きのポイントは「縦方向の動き」です。
残念ながら科学的根拠はありませんが、
アフリカに住む高身長のマサイ族などは平均身長が180cmといわれ、
ジャンプばかりしているのがテレビでよく取り上げられています。

子供の部活動などで挙げるなら
「バスケットボール」「バレーボール」などが
特に縦方向の動きが多い理想的なスポーツと言えます。
実際にプロで活躍している選手の平均身長は
バスケットボールの男性が191cm、
バレーボール女子で175cmと高身長の選手が活躍していますよね。

だからと言って無理に部活に参加させたり、
子供の部活が違う部活だからと成長をあきらめる必要はありません。
縦の動きで簡単なものには
「縄跳び」「ジョギング」「ストレッチ」などもあります。
その他にも全身の筋肉を満遍なく使う「水泳」もおすすめです。

また、運動をする際には
成長過程に合わせた運動をすることも大切です。
幼稚園~小学生までは成長期のピークに達する前で未発達の状態のため、
あまり激しい運動をさせても逆効果になる可能性があります。
成長期のピークに達する前には
簡単な縄跳びやストレッチで楽しみながら、
あまり種目にこだわらず運動を楽しむことを心がけましょう。

そしてどの運動でもいえることではありますが、
やりすぎや負荷をかけすぎるのは厳禁。
例えば筋肉に激しい負荷をかけるウエイトリフティングや、
フルマラソンなどの過酷なスポーツなど。
疲労で動けなくなってしまうようなものは避けたほうが良いでしょう。

ただし、上記にも挙げたように適度なジョギングや、
簡単な筋力トレーニングならば身長を伸ばすのにはプラスとなります。

子供の部活動やスポーツクラブの中には、
やはり身長が高いほうが有利になるものがありますよね。
場合によっては身長が低いためにレギュラーになれなかった…
などの体験もよく耳にします。
そんな思いをさせないよう、成長過程に合わせた運動で
どんどん成長をサポートしてあげましょう!

ランキング一位商品詳細へ
子どものための伸び活コラム