子供の伸び活サポートサプリメント比較ナビ

身長は遺伝が関係している?

  • facebook
  • twitter
  • google+

実は両親の身長を元に簡単に子供の身長の予測を
出すことができることはご存知ですか?

◆男児の予測身長={父の身長+(母の身長+13)}÷2
◆女児の予測身長={(母の身長-13)+父の身長}÷2

あくまでも±10cmは誤差の範囲と言われていますが、
両親の身長が低い場合に、自分の子供は
身長が低いまま成長が止まってしまうのではないか…
と心配になる方も少なくないのではないでしょうか。

だけど、安心してください。
遺伝による身長への影響は一般的に25%程度と言われており、
両親の身長が低くても子供が高身長になる可能性はあります。
逆に言うと高身長の両親でも、
身長が低いままで成長が止まってしまう可能性も。

また、日本人の平均身長はこの100年間でどんどん上がっていっています。

100年前に比べると男の子は18.4cm、
女の子でも13.6cmも上がっています。
このデータからもわかる通り、
遺伝は身長に必ずしも大きく影響することはありません。
遺伝が身長に大きくかかわっているのであれば、
100年でこんなに大きく平均値が伸びることはありませんよね。

ところで、どうしてこんなにも平均身長が伸びたのかというと、
遺伝以外の外部要因が大きく変化したためと言われています。
特に子供の栄養環境は100年前に比べると大きく改善され、
成長に必要な栄養素をしっかり摂ることができるようになったのが
1番の要因と言われています。

「でもうちは両親も、子供も身長が低いまま…」とお悩みの方。
自分の子供の頃と一緒の食生活・運動量をさせていませんか?

上記にも挙げた通り、身長の伸び高には生活習慣が75%関係しているので、
極端に言えば身長が低い両親と同じ生活パターンを
送っている子供は、身長が低くなる可能性も…。

身長を伸ばすためには、カルシウムをはじめとした
たんぱく質やアミノ酸などの成長に欠かせない栄養をしっかり摂り、
適度な運動と、質の良い睡眠をとることが大切です。

100年前に比べ食生活が充実した一方で、
ジャンクフードやスナック菓子が増え、
子供同士の遊びも室内ゲームなどの
体を動かさない遊びに変わってきています。
また、テレビやスマホの普及により夜遅くまで起きている子供が多いのが現状です。
そんな状態ではせっかくの成長期も、
伸び悩んでしまうのはしかたがありません。

子供の身長の悩みを持っている家庭は、
両親の身長で一喜一憂する前に
毎日の生活習慣を見直してみるのがいいでしょう。

ランキング一位商品詳細へ
子どものための伸び活コラム