子供の伸び活サポートサプリメント比較ナビ

ついついやってしまう!?やってはいけない悪習慣

  • facebook
  • twitter
  • google+

子供の身長には遺伝はあまり関係なく、
身長の伸び高の約75%は毎日の生活習慣が関係していると言われています。
ついついやってしまいがちではありますが、
身長のためにはやってはいない悪習慣をしっかりチェックしておきましょう。

▼ 1.バランスの悪い偏った食生活

毎日身長を伸ばすために必要な栄養を
ちゃんと摂れているでしょうか?
特に骨を作るうえで欠かせないカルシウムは、
厚生労働省の発表によると推奨量を大きく下回る結果になっています。

だからと言ってカルシウムの多く含まれている
牛乳などの乳製品ばっかり摂っているとお腹を壊したり、
栄養素の偏りで悪影響を及ぼす可能性も…。
身長を伸ばすためには、カルシウムの他にもたんぱく質やアミノ酸・ビタミンなどの
栄養素をバランスよく摂取しましょう。

▼ 2.ジャンクフードやお菓子の食べすぎ

最近は手軽に食事をとることができる
ジャンクフードやインスタント食品、
多種多様で魅力的なお菓子などが溢れていますが、
これらは高脂肪・高カロリーなため燃焼に時間がかかるだけでなく、
必要な栄養が不足しがちになるため、成長期には悪影響です。

また、高脂肪・高カロリーの食品を摂り続けると、
大人になったときに成人病のリスクが増えるなど
手軽さ以外にはあまり良いことはないので控えたほうがいいでしょう。

▼ 3.運動不足or負荷のかかる運動

適度な運動は骨を刺激して、成長を促します。
最近ではゲームやスマホの普及により
以前より外遊びが減っている傾向にあります。
動かなければ骨は刺激を受けないため、
成長も緩やかになってしまいます。

では沢山運動をすればよいのでしょうか?
実は大きな負担となるようなフルマラソンなどの
過激な運動も逆効果になってしまうのです。
つまり適度な運動をすることが大切なのです。

▼ 4.夜更かし・寝坊など乱れた生活リズム

成長を促す成長ホルモンは、寝ているときに多く分泌されます。
睡眠時間が短いとその分成長ホルモンの分泌が減り、
睡眠の質が悪いと成長ホルモンは分泌されません。
毎日早寝早起きを心がけ、生活リズムを身につけましょう。

▼ 5.ストレスのたまる環境

ストレスは大人だけでなく、
子供にも深刻な問題として取り上げられています。
特にストレスがたまると神経が高ぶり、夜になかなか寝付けなかったり、
毎日のやる気がなくなって身体機能も低下してしまいます。
軽い運動や趣味の時間を設けて、
ストレス発散の機会を設けてあげてください。

ランキング一位商品詳細へ
子どものための伸び活コラム